« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »

2006年6月

visual系

今、11ちゃんやから大阪テレビかな?なんか、ヴィジュアル系の番組やってるねんけど、ほんと分からない世界だな~ってつくづく思う。

てか、毎週のように見てる気がする…この時間(四時ごろ)ってテレビやってないねんもん。。

で、その番組には、神言なんとかってゆうバンドが出てるねんけど、そのヴォーカル?かなんかが、一人別格扱いみたいなんされてて、KISAKIっていうねんけど、神って呼ばれてて、キモイ。歯並びが悪くて、出っ歯で、全然かっこよくもないし、ヴィジュアル系って言うなお前が!ってかんじやねんけど、もてはやされている様です。こっちの世界では。

Images

31605033 そんで、ネットで調べてみて、びっくり。

この人、歯様って呼ばれてるー!!!いじられてるー!!笑

いいの?これ。この人これでいいの?

と、思いました。

てか、ヴィジュアル系ってさー。何か、歌詞とかに血とか死とか復讐とか(イメージか?笑)が多いような感じやけど、この人らを好きな人は、どんなひとなんやろ。

生きるのが嫌で、死にたい。。みんな死んでしまえばいい!人が死ぬところが好き!みたいな人なイメージがあるねんけど。。どっか心に闇を持ってる人たち。

ちがう?

ヴィジュアル系が日本でこんなにアンダーグラウンドながら勢力をもってるのは、病んだ人(てか若者?)が多いってことかな。もしかしたら、ヴィジュアル系がなかったら、そこで発散できない感情が他のところで爆発して、世間はとんでもない事になってるんかもな。

なんて想像してみたり。

どっかの国の空港で、(タイや)日本の観光ガイドがあってんけど、かなりのページを割いて、ヴィジュアル系や、秋葉系、ガングロギャル(ちょっと古いか)が紹介されてて、日本ってこんなイメージか~↓って変な気持ちになったことがある。

日本に、それらの人たちが多いのは、自分の感情を上手く表現できない人が多いからやろなって思う。その口下手というか、コミュニケーションべたは、国民性やししょうがないけど、その表現方法が服装や化粧に行ってしまったことは私的に残念。このままじゃ変な国になっちゃうよ!まだ今はこれらの人が少数派やからいいけど、これがマジョリティーになったら…!!恐い!

私が思いつく海外のヴィジュアル系っていったら、マリリンマンソンぐらいやけど、(言っといてなんやけど)これはヴィジュアル系じゃない。ていうのは、ヴィジュアルだけじゃないから!!!これ重要!日本のは、ヴィジュアルだけ系。マンソンは、音楽最高やし、尊敬してる。かっこいい。

あ、そういえば、ラルクが、ヴィジュアル系って言われて怒ったことがあったけど、彼らはてか、ハイドはマンソンとか好きらしいよ。やからヴィジュアルだけ系みたいに言われて怒ったんかな。

話は尽きませんが(尽きたからおわるんやけど)、このように私はヴィジュアル系について考えております。みなさんはどうですか。

多分どうでもええんやろな~笑

ま、私が一番むかつくのは、そんなんが売れる世の中やから、売れるべきものが売れんのじゃばかもーん!ということです。

おやすみ。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

教育実習を終えて

金曜日、二週間の教育実習が終わった。

私、先生なりたい!!笑

本間に良かった~実習行って◎お母さんに感謝やわ~。

二週間目は、ぼちぼち授業もさせてもらって、ALTとのTeam Teaching が三回、一人での授業が全部で四回。(研究授業前に二回、研究授業、研究授業後に一回)全然場数を踏まずに挑んだ研究授業やったけど、上手くいったと思う◎

私のハチャメチャ実習記録を期待してる人には悪いけど、まじめに先生方からの評価を書くと、

・ 机間巡視をもっとしましょう。

・ (トンパ文字〔象形文字みたいなの〕を使ったゲームもしたんやけど、)もっとトンパ文字について突っ込めばよかった。

・ 板書が右から左になってた。

など、改善点もあったけど、「自信満々で堂々としていた。度胸がある。」とも褒められたり、生徒と一体になってたので、私は満足です。

黒板に、今日の目標みたいなのをみんなで決めて書いてるんやけど、その日の目標は、

○○先生をアシストする

Aa

もう嬉しくて写真とっちゃったよ笑

みんな大好きや★☆

そんなわけで、授業をする事には全然こまらんかった◎ 

道徳の授業もしたし!道徳の授業がいやで二週間にしたくせに!笑

障害者に対する偏見がテーマの授業で、前日に授業をしてみることに決まったから、とりあえずチャレンジしてみたってかんじやったけど、自分の経験も交えて話をしたから、生徒も集中して聞いてくれたし、何か残せたんなら良いなって思う。

ちなみに生活ノートっていって、生徒が毎日の連絡とか日記とかを書くのがあって、それを二週間目は私が見て、コメントつけてたんやけど、

「先生の授業面白い!」とか、「先生の授業のおかげで英語が好きになりました。」もあって、私、行けんちゃうん!って思った(’▼’*)

そんな色んな嬉しいコメントは、写真を撮ったけど、載せることはさすがに出来んから私だけの宝物にするけど、ほんとにいい生徒に恵まれたな~と思う。

担当の先生にもすごい恵まれた。すっごくいい先生で、若い女の先生やけど、めっちゃお世話になった。

その先生には、「私就職決まってて、教師になるよりやりたいことがあるんです。」ってぶっちゃけたら、「私も実習のときは教師なる気なくて、一応取っとこ~って感じやった。」とか、給料のこととかもぶっちゃけて話してくれた。でも、きちんと指導もしてくれたし、私も精一杯頑張ったから、いい実習になったと思う。

最後の日には、私がサイン帳を配ってて、それをクラスのみんなに書いてもらっててんけど、最後の挨拶のときに色紙ももらって、すごい感動して泣いてしまった。

最初は、色紙もらったりするんかなって思ってたけど、その日の時間割的にこれはないなって思ってたし、そんなそぶりもなかったから、あ~もらえんのやな。サイン帳買っててよかった~(^^;)って思っててん。

そしたら、私が最後の挨拶と、ちょっといろんな人生の話をし終わったあと、ちょっと待って~って、学級委員のふたりが持って来てくれて、本間にびっくりした!嬉しかった!!

二週間の実習を終えて、私の人生に変化が生まれた。

先生なんて無理やし、なりたくないって思ってたけど、今は、先生になりたい。

教頭先生が、研究授業の評価のときに、

「教科の授業なんて、はっきり言っておもろない。教科の授業の中に、どれだけ雑学を混ぜるか、教科の勉強を通じて、どれだけ生徒に教科以外の知識を与えるか、が重要や。そうして生徒の文化性を高めていくことが、教師の役目や。」

って仰った。

私が目指す教師はこっち。教科ははっきり言って教えられへん。けど、それ以外で生徒に関わって、人間を作る手伝いをしたい。いい人間を育てたい。

私は「人」に興味があって、だから宗教に興味があるし、心理学に興味があるし、広告を作りたいと思った。何秒か、何行かで人の心を動かす事ができるから。で、本当にコピーライターになれる(多分)ことになった。

でも、広告は、商品を売るために、消費者の心を動かす。その目的は経済的利益です。教師は、人の、子どもの心を動かして、未来の人間を、未来の日本、世界をつくる仕事なわけ。それって、すごい素敵やし、そっちのほうがやるべき仕事なんじゃないかって思った。この二週間で。

でも、私はコピーライターになる。まずはそっちで夢を実現できるように頑張る。それで、35までに先生になる。結婚をして、子どもが生まれたら、そこを転機にしようかな。そんな風に思ってます。

影響を受けやすくて気が変わりやすい私やから、また変わるかも知れんけど、今はほんとにそうしようと思ってる。とりあえず確かなのは、そんな風に思うぐらいこの二週間が素晴らしかったということ。本間に実習に行ってよかったな。

_004 _014 _058 _063_1

| | コメント (9) | トラックバック (0)

教育実習

今週月曜日から、来週金曜日までの二週間、母校の中学校に英語の先生として教育実習にいってます。

そもそも私は自己流の覚え方やったり、フィーリングやったりするから、未だに(これマジな話)文法用語わからんし、第一文型とか(第一は分かるわ◎SVやんな?)そんなんわからんし、やから人に教える事ができません。やからって事ではないけど、先生には全くなりたくありません。私は広告を作りたいのです。

でも、お母さんが、絶対取っておきなさい!絶対役に立つから!みたいな感じで、言うので、一年のときから頑張って教職を取ってきました。そんで教育実習までたどり着きました。いい子◎

でも、中学の免許を取るのに必要な、道徳の授業を取るのが面倒くさいから、高校の免許にしました。二週間でいいし。

てか、脱線やけど、私別に道徳なんて習いたくねえよってんじゃなくて、その先生が厳しいから、ね。私今日もおばあさんに電車の席譲ったし、結構私よくするし、道徳心あるよ!超モラルに厳しい人間です。いい人です。私。

で、実際一週間行ってみて、思ったのは、かなり子どもかわいい!先生もいいかも!

でも、広告のワクワクに比べれば全然やけど。

子どもマジかわいい。中一担当やねんけど、まだみんな幼い感じ★

だって、水、木と、岡山の閑谷学校に、課外活動で行っててんけど、バスで出発する前の不要物の点検のときに、「先生これはいいんですか~?」て言って持ってきたのが、眼鏡ケース!笑 まじかわいい!何でもきかなわからんねん!笑 私はすべて自分で判断して、事後報告やったから、そらかわいくなかったと思う。

てか、私人気らしいよ。生徒に、「先生が私らのクラスが良かったわ~。みんなゆっとうで~。」て言われたもん!「え~なにそれ!なにそれ!日記に書くわ!」って言ったから日記に書きました。

で、この一週間は、

月→オリエンテーション 

火→授業見学。課外活動に備えて一年生は早く帰る。 

水、木→閑谷学校 

金→一年も、先生も休み。私らも昼から実習。給食食べて、五時間目だけ見学。私は三年生の英語を見た。 

ちなみに金の夕方→コピーライター講座のため大阪へ。そして神戸の家に帰る。 

土→朝11時から夜23時半までバイト。 

日→未定。BBQの予定だったけど… 

しかも、来週の火曜は授業参観やから、ちゃんとした先生がするし、まじ全然授業する時間なくて、多分私がするのは水曜一時間、木曜一時間、金曜研究授業(校長とか色んな先生みに来るやつ)てなかんじで、全然実践積まないまま、本番を迎えるわけです。

でも余裕!THIS IS~とかやし◎

で、中学生でも可愛い子はいるわけで、私もどぎまぎします。男の子ね。

私が小学校のとき密かに好きやった、吉田くんに似てる子がクラスにいて、何かその子、別に背も私と同じかちょっと低いぐらいやし、男前~って感じではないねんけど、何か大人っぽいねんな~。いいな~。あの子が高校生になって、町で会ったら嬉しいな~。とか、楽しんでます。

それと、三年の授業を見に行ったとき、偶然友だちの従兄弟がおって、三年前ぐらいに家行ったことがあって、そん時は可愛くておとなしい感じやったのに、すっかり背も高くなって、かっこよくなっとった。野球してて、日焼けして、坊主で、耳も立ってて、ホンマに中学校のときのひろきみたいで、かなり興奮して喋りかけてしまった!笑 もう私こんなんばっかしてて、全然先生というよりは中学生寄りやねんけど。あかんな~。でも中学生はおもしろい。ウンコとか低次元のネタで笑いとるねんけど、それが私にぴったりで、いっつもウケてる。楽しいな~学校は。

でも私、学校で先生に怒られた。髪のことで。私本間は九月に実習行く予定やったから、二週間前にカラーしてエクステつけたばっかやったから、黒いスプレーしていっててん。それでも頑張ってたつもりやねんけど、やっぱ茶色かったみたいで、恐い美術の先生(生徒からは組長と呼ばれている)に、「おい!お前いい加減にせーよ」って怒られた。私、学校に行ったら怒られる運命なんやわ。。

でも、その先生のいいところは、言い方が上手やった。

「遊びに来てるわけじゃないんやろうけど、その髪ではそう思ってしまう。君らは二週間やそこらで帰るからいいかもしれんけど、こっちは生徒を指導してるんやから、そんな茶色い髪で来られたら迷惑や。」って。これが、「遊びに来てる証拠やろ!」とか言われたら、絶対直さんかった。けど、この上手い言い方のおかげで、私、エクステ染めちゃった♡一万円パー♡でもいいの♡負けたから。

さ~来週もがんばろ~★三週間にしとけばとかったな~。。たのしいな~。。

今日、バイトから終電で帰りよったら、ALTのNickにばったり会った。笑 地下鉄のホームで。びっくりした~。

今日はバイト後遊びに行くのやめて、帰ってきたから、またコンビニでワインとチーズ買ってきた。今日は50円ぐらい奮発して550円ぐらいの二番目に高いワイン(一番は580円ぐらいやった笑 安!) ボン・ルージュってゆうん買ってきた。フルボディーで甘さが中口。私、甘いのダメやから、フルボディーやからいけんちゃうんて思って、しかも50円高いし前のよりええんちゃうんておもったけど、何か甘い。カシスみたい。私は辛口のフルボディー好みなのか?まだいまいち表示を見てどれがどんなのかわからん。今日のコンビニワインは微妙でした。やっぱあの安いうれしいワインでいいわ。笑

| | コメント (3) | トラックバック (0)

web進化論

昨日読み始めた「web進化論」。

IT業界に進むんだから、絶対読んでおくべき本だということで、実は一週間くらい前に買ったけど、難しくて全然読む気になれなかった。

でも読み始めると意外と分かりやすくて面白い。

まだ全然読み始めだけど、簡単に言えばインターネットの可能性や、今後の変化について書いてあるんだと思う。

またちゃんと読んだら感想を書きたいんですが、とりあえず半年ぐらい前に教えてもらったフラッシュがあって、それを思いだしたから見て欲しいと思って書きました。

みんな、わくわくするよ!

http://www.probe.jp/EPIC2014/ols-master.html

(これフィクションですよ。でも全然ありえる話だと思う。)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年5月 | トップページ | 2006年7月 »