« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月

死者の日~骸骨祭り~

  たくさんのリクエストにお答えして、メキシコの死者の日(骸骨祭り♪)の画像を紹介します。


Panteon20de20janitzio4

35a7879as 1_13 1_04 1_11 1_24 1_27 231581f_20031030w Dead_p02

Muertos4 Muertos5 Muertos9 Nv_tradiciones_dia_muertos_guadalupe Ofrenda03 Pc2 Pc8 Pc








死者の日 ~Dia de Los Muertos~ とは?

こちらのサイトの初めの文章から)


カトリックでは11月1日が万聖節(諸聖人の記念日)、11月2日が万霊節(諸死者の記念日)となっている。万聖節というのは全ての聖人を讃え祝う日で、万霊節はまだ清められていない死者の魂を祈る日なのだそうだ。そして、その前夜祭が10月31日のハロウィンで、これは異教徒ケルト人の習慣が元になっているという。
 メキシコでは、古代アステカ暦(20日の単位で現在の月にあたるものを設定)の10番目の月が「トラショチマコ」と呼ばれ、死んだ子供達の為のお祭り。その次の月を「ショコトルウェツイ」と呼び、大人の死者の為のお祭りがあった。これは現在の暦でいうと7月~8月なのだそうだが、スペインに征服されたメキシコがキリスト教に改宗させられたとき、カトリックの祭日とアステカの祭りが上手く融合されて現在の「死者の日」になったというのだ。

 「死者の日」は、言ってみれば日本のお盆のようなものだ。
 「死者の祭り」をする国はいくつかあるが、メキシコのそれはしめっぽいものではなく、ラテンの国らしく陽気で楽しいお祭りとなる。
 戻ってきた死者を迎えて、この世の人もあの世の人もみんな一緒に騒ぎましょう。お祭りしましょう。とい感じ。


ということです。



死と生は一体なのです。


私、30日からメキシコに行くつもりです。

誰か一緒に行きませんか。(知らない人でも!!)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

ロマンチック

romanticは、ロマンティックよりもロマンチックの方がromanticだと思うのは私だけ?(だいたみたい?笑)

昨日は風が強かった。だから雲が早かった。
で、雲を見て、なんで風ってふくんかな、とか、地球の仕組みについて考えててんけど、(暇なわけじゃない。)
考えないほうがいいなって思った。

考えない方が、知らない方がロマンチック。

だから、男の子たちに言いたいのは、(アドヴァイス)
例えば、「何で風って吹くのかな。」「とか、「何で海って青いんだろう。」(意識的に標準語笑)
って女の子が言ったら、
「何でだろうね。」
って答えましょう。

「それは高気圧と低気圧が…」
なんて説明しだすのはロマンチスト(この場合ロマンティストのんがいいな(’w’;))失格です。
では。

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »