« 2006年12月 | トップページ | 2007年7月 »

2007年2月

屁理屈

わたしはよく、「この子は屁理屈ばっかり言う」と言われて来ました。
そう言われると、自分が一生懸命喋っていても、屁理屈か~…となって、「屁理屈ちゃうしな!」とか以外は何も言えなくなっていました。

でも、今日バイト中に思ったのです。突然。

屁理屈って、屁みたいな理屈ってことですけど、それって実は、物事の常識を疑って、自分なりにその意味や理由を考えて、疑問を持った結果ではないのでしょうか。

私はそう思いました。

ま、例とかは特にないけど、敢えて言うならば、
私あんまり服を畳む意味がわからんねん。ま、これはぐうたらと思われる事を覚悟で話を進めるけど、服って畳む意味なくない??そのまま掛けて、着ればよくない?
それを、その行動の意味も考えずに無意識に服を畳むのは、馬鹿だと思います!馬鹿だと思います!

何事も、その行動をする意味を考えてみて、一番利益のある方法をとるべきだとおもいます。

これは、自分の頭で考えるという行為であって、これが出来ない人は仕事もできないと思います。

屁理屈は天才の証。

これからは屁理屈こきまくろうと思います。



| | コメント (2)

« 2006年12月 | トップページ | 2007年7月 »